還暦プレゼントは父の好きなお酒 ウイスキー記念ボトル通販おすすめ

お祝い


還暦を迎える父へのプレゼント。
父はお酒が好きで、週に3回は晩酌・・・ウイスキーが好きみたい。そんな父への還暦のプレゼントは、やっぱりお酒がいいよね(^^♪

どんなウイスキーを選んだらいいのかな?普段飲みなれているものもいいけれど、還暦のお祝いだしちょっと高級なものを選びたい。

お酒を飲み終わった後も飾っておけるような、ウイスキーボトルに名入れとか記念ラベルのものや記念ボトルのものがいいな!
と、お探しの方に通販で人気のもの紹介します。

還暦のプレゼントは父の好きなお酒で決まり

父への還暦のプレゼントに、父が好きなお酒を贈りたいと思っている方は、お酒をそのままプレゼントするのではつまらない・・・お酒を飲み終わった後も、ボトルを飾っておけるようなものがいいなと思いますよね。
そこでおすすめなのが通販で作成できるオリジナルボトルです。似顔絵や名入れなど、様々なサービスがありますよ。

ウイスキー好きが一度は飲んでみたいというメイドインジャパン(ジャパニーズ・ウイスキー)の『山崎 25年』のボトルに、オリジナル刻印や似顔絵を入れてプレゼントしてみては?

【山崎】やわらかく華やかな香りに潜むイチゴのような香りはワイン樽熟成モルト原酒がもたらし、甘く煌めくような、なめらかな広がりはミズナラ樽熟成モルト原酒が加わることによって生まれる。

還暦のプレゼント選ぶウイスキーは?

ウイスキー好きの方でも国産ウイスキー派と外国産ウイスキー派がいると思いますが、今回は国産にこだわって選んでいきたいと思います。
made in Japan いい響きですね~(笑)

こちらも『山崎』に並びウイスキー好きが飲んでみたいという『響』。オリジナルボトルで一生モノのお宝に。

【響】日本の四季、日本人の感性、日本の匠の技でつくられたウイスキーという響のコンセプトを体現した製品。華やかな香りと、奥深くもやわらかな味わいが特長。

ワンポイントアドバイス
『山崎 25年』や『響 30年』の〇年は、製品に使用された中で、樽貯蔵年数の最も短い原酒の酒齢を示しています。分かりやすく言うと25年=25年物のウイスキーだけを使っているわけではないということです。
ウイスキーは、原料(モルト)→発酵→蒸留→樽熟成→ブレンド→瓶詰め(完成)という工程で作られますが、この中の「樽熟成」の期間が最も短いものの表記が25年ということなんです。
なので、味を均一にするためのブレンドはいろいろな熟成年数の原酒を混ぜて行われているんです。

ウイスキー記念ボトル通販のおすすめ

ウイスキーは年代が上がるごとに価格が上がりますが、それは原酒が稀少になるからなんですね。ウイスキーの記念ボトルを選ぶ際には予算に合わせて年代も選んでみてくださいね。

『富士山麓 18年』澄んだ味わいに広がる甘い樽熟香。

『竹鶴 17年』やわらかなウッディ感の中に、心地よいスモ-キーさと、モルティな香ばしさが絶妙なバランスで漂う。フィニッシュに湧き立つ深みのあるエステル香。味わいまろやかな口当たりの中にも、凛としたボディ感。麦芽由来の穀物的なコクと、樽由来の円熟した甘さ。


名入れオリジナルラベルと彫刻ボトル こだわりのお酒を販売する 中村屋 楽天市場店さんはこちら↑

さいごに

オリジナルボトルのウイスキーなら、世界に一つだけの宝物になりそうですね!飲み終わった後も、新たに継ぎ足して使うもよし!そのまま飾っておくのも良し!ウイスキー好きのお父さんに最高のプレゼントを(^^♪

タイトルとURLをコピーしました