電子タバコとは?種類はあるの?人気なのはどれ?

雑貨

禁煙しようかな?でもその前に、電子タバコに変えてみようかな?と思っている方に・・・電子タバコとはどんなもの?種類はどんなものがあるのかな?電子タバコで人気の商品などを紹介します。

電子タバコとは?

電子タバコとは、タバコ型の吸入器によってタバコやミント、フルーツなどの味・香りをつけた水蒸気を吸引するものである。吸入器は、カートリッジに入った液体をバッテリーによって加熱、変霧器という部分で霧状にするしくみになっている。先端に、吸入時に点灯する赤いランプをつけてタバコの火のように見せるものもある。吸入感覚がタバコに非常に近いと言われ、タバコの代替品、禁煙あるいは減煙用の補助具として近年発達した。
参考:コトバンク

タバコを吸える場所が減ってきたから代替品として・・・とはいっても、電子タバコも喫煙所で吸う方多いみたいですが(;^_^A また、公共の施設では、施設内全面禁煙というところも多いかと思うのですが、喫煙者のために電子タバコなら喫煙スペースで喫煙可と、妥協案?を出しているところもあるとか、ないとか・・・
また、禁煙するための前段階として、電子タバコに変えてみたなんて話もチラホラ。タバコから電子タバコに変えることで、禁煙につながるのでしょうか?

電子タバコ 種類はあるの?

電子タバコは大きく分けると2種類あります。
1.タバコの葉を加熱するタイプ
タバコの葉の入ったカートリッジを加熱して煙を吸い込むタイプです。火を使用しないので、イヤな煙や灰が発生することなく使用することができます。タバコの葉を使うため、ニコチンが含まれていることが特徴です。その構造は、リキッドタイプと比べてシンプルな作りで、タイプとしては2つに分かれています。1つ目はカートリッジにタバコの葉が詰まったカプセルを挿し、そのカートリッジをバッテリーにつなげて使います。リキッドタイプと違うのは、このタバコの葉が詰まったカプセルだけでなく、カートリッジも使い捨てになっていることです。もう一つのタイプは、ヒートスティックとも呼ばれ、タバコの葉が入ったスティックを本体に挿しこみ加熱して使います。このタイプもスティックは使い捨てです。

2.リキッドを加熱するタイプ
香りや味のついた液体を加熱して蒸気を発生させ、その蒸気を吸って楽しむのがこのタイプです。リキッドタイプは「使い捨て式」と「カートリッジ式」「リキッド補充式」に別れます。ニコチンを含むリキッドタイプは、日本では薬事法で禁止されているので製造も販売もされていません。「使い捨て式」は、その名の通り使い捨てタイプです。香りやデザインなど種類が少ないのが現状です。「カートリッジ式」はコンビニなどでも購入することが出来る電子タバコで、カートリッジを交換するだけで使うことが出来ます。こちらも、現状は香りやデザインが少ないです。「リキッド充填式」は電子タバコでも最も種類が多く、デザインやリキッドの種類も豊富です。形状としては「ペンシル型」「ボックス型」があります。

電子タバコ人気なのはどれ?

CHECK>>>電子タバコ 売れ筋ランキング TOP30 【楽天】
NO,1  iQOS(アイコス) 2.4 Plus

 

 

おすすめポイント
・本物のたばこ葉(別売り「マルボロ ヒートスティック」)を加熱するから、たばこ本来の味と香りを楽しむことができます。
・火を使わない。灰が出ない。ニオイが少ない。空気を汚さない。革新のタバコ加熱システムです。

NO,2  VITAFUL (ビタフル)

 

 

おすすめポイント
・16種類の健康成分をぎゅっと凝縮。
・ニコチン・タールは0でも吸い応え抜群。
・メンテナンス不要。

NO,3 EMILI MINI+ (エミリミニプラス)

 

 

おすすめポイント
・ポケットやポーチにすっぽり入るサイズなので持ち運びにとっても便利。
・操作が簡単なので電子タバコ初心者にもおすすめです。

NO,4 FLEVO(フレボ)

 

 

おすすめポイント
・高いコストパフォーマンス。1箱あたり約1200回吸えるカートリッジパックFLEVOの交換用フレーバーカートトリッジは5個で約1200回吸うことができます。
・FLEVOのフレーバーにはニコチン・タールは一切含まれていません。
・FLEVOのフレーバーリキッドは日本食品衛生法で認可された成分のみを使用し、日本国内の工場で開発・製造されています。

NO,5 glo(グロー)

 

 

おすすめポイント
・加熱も充電も、すべてが一台で完結するグロー。
・グローはアイコスと同じように直接タバコ葉を電気で加熱してニコチンと水蒸気(グリセリン)を摂取します。

NO,6 X-TC2 VAPE

 

 

おすすめポイント
・某ドラマで使用された電子タバコ
・豊富なリキッドはニコチン・タール0

NO,7 CigGo HERBSTICK ECO VAPORIZER (シーゴ ハーブスティック エコ ヴェポライザー)

 

 

おすすめポイント
・サーモスタット式のヴェポライザーです。
・リキッドではなく、JTのPloomやフィリップモリスのiQOSのように、葉を加熱して蒸気を吸う加熱式の電子タバコ。
・HERBSTICK ECOは筒全体で温め、温度調節できるシステムが備わっており温度が高すぎでタバコの葉が焦げてしまう心配がなく安心です。

NO,8  X8J

 

 

おすすめポイント
・少ない電圧で煙量が多い、煙量調整可能
・バッテリー残量表示
・ドリップチップはガラス製

NO,9 Joyetech eGo AIO(ジョイテック イーゴーエイアイオー)

 

 

おすすめポイント
・バッテリーとアトマイザーが一体となったオールインワンモデル。
・手にスッキリおさまるコンパクトモデル。

NO,10 VITAGINE

 

 

おすすめポイント
・ビタミン配合の使い捨て電子タバコ。
・吸引回数はおよそ500回。

CHECK>>>電子タバコ 売れ筋ランキング TOP30 【楽天】

さいごに

タバコの大きな特徴であるニコチン。これが入っているもの、入っていないものとあります。どちらも普通のタバコに比べると有害物質は少ないということで、健康面に関しても少しは良いのかもと思います。煙が出ないor少ないというのも、周りの方に迷惑をかけずに済むというのも良い点ですね。これから電子タバコに変えようかなという方は、ご自分に合ったものが見つかるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました