浴衣帯の種類や色の組み合わせやリバーシブルアレンジのおすすめ

レディース ファッション


浴衣は年に数回しか着ないけれど・・・毎回同じじゃない?って思われるのはイヤだし、同じじゃつまらない。と思っている方も多いと思うんですよね。

何枚も浴衣を持っているという方もいるかもしれませんが、浴衣って帯の種類を変えてみたり、帯の結び方を変えてみたり、帯の色を変えるなど組み合わせを変えるだけでも雰囲気や与える印象が変わるんですよ。

浴衣帯のおすすめ種類や色の組み合わせ方など紹介します。

浴衣帯の種類は半幅帯がおすすめ

浴衣に一般的に使われている帯は半幅帯といいます。そのほかにも兵児帯や結び帯(作り帯)などもありますね。

半幅帯には、小袋帯(2枚の生地を、端を縫い合わせることで1枚にした帯)は浴衣以外にも着物にも使えるものや、単衣帯(一枚で仕立てで、厚みがなく軽やかな帯)は主に浴衣に使う帯、という種類があります。

浴衣に合わせるなら、自宅でも洗えるポリエステルの半幅帯がおすすめですよ。

浴衣と帯の色の組み合わせ方おすすめ

次は浴衣と帯の色の組み合わせのおすすめ方法です。

セットで購入したものは、すでにコーディネートされているものですが、帯を追加で購入しようと思った時には、色の組み合わせも考えたいですね。

■浴衣の色と合わせて統一感を出す方法
 ・・・これは浴衣に使われている色を選べば失敗しない。使われている色というのは、柄に使われている色を入れるということです。

■帯を差し色にする上級者向け
 ・・・浴衣に入っている色以外でも一味違ったコーディネートになって素敵になるのが、ポイントの差し色を入れる方法です。

浴衣帯はリバーシブルタイプならアレンジしやすい

浴衣の半幅帯選びの際にリバーシブルタイプならアレンジの幅が広がりますよ。

片側一色だけを使うもよし、折り返して表裏両方の色味を見せるも良し、帯の結び方次第で雰囲気が大きく変わるのがリバーシブルタイプの半幅帯です。

浴衣用半幅帯 単衣タイプでラメ・リバーシブル仕様。グラデーションがかった色味は半分だけ折り返したりして遊び心を出した結び方にもおすすめ。

アンティークっぽいデザインの半幅帯は、大正ロマン風のレトロな感じが好きな方におすすめ。

ワンポイント柄というのも、目に留まるのでおすすめの帯ですよ。裏は全く違う色なので、差し色としての色味でも使えそう。

さりげなく猫柄が配置されている帯も可愛いですね。こちらの帯は少し長めの帯なので結び方のアレンジを楽しみたい方におすすめ。

さいごに

浴衣1枚でリバーシブルの半幅帯を数本持っているだけで、浴衣の着こなしアレンジはかなりできますよ!ポリエステル素材のものなら、自宅でも洗える手軽さと、価格も手ごろなので数本持つのに向いていますよね。

可愛いデザインのもの、シックな色合いのものなど雰囲気を変えて選ぶといいですね。

タイトルとURLをコピーしました