還暦祝いはいつするもの 母へのプレゼントで人気なのはコレ!

お祝い


還暦のお祝いっていつするものなのでしょうか?明確な日にちってあるのかなと疑問に思いませんか?

還暦を迎えるお母さんに人気のプレゼントを紹介します(^^♪

還暦祝いはいつするもの?

還暦のお祝いというのは満60歳の誕生日にお祝いするのが主流となっているようですが、親戚などの人が集まるお正月やお盆、敬老の日などに合わせて行うケースもありますね。

以前は、満年齢が一般的な現在では違和感はありますが、年が明けたお正月には数え年で61歳の誕生年?になるので、お正月から節分(立春)の頃までにお祝いを済ませていたようです。
現在は満年齢が一般的になっているため、60歳を迎える誕生日にお祝いをされるのが一般的になってきています。

還暦のお祝いをする側の人間の間で、事前に打ち合わせをしておくと良いでしょう。

■お正月に合わせて行う場合のメリット・・・元々お正月に年をとる数え年が一般的でしたので、お正月から節分(立春)の頃までにお祝いをしていた名残から、人の集まりやすいお正月にみんなでお祝いできるというメリットがありますよね。

■ゴールデンウィークなどの連休に合わせて行う場合のメリット・・・例えば、お正月などの皆が集まる時に計画し、ゴールデンウィークなどの長期連休で旅行のプレゼントというのも素敵ですね。

■お盆に合わせて行う場合のメリット・・・お盆はご先祖様の霊を迎えて供養する時期ですが、お盆にお祝いをしても問題はありません。お正月同様、親戚が集まりやすいというメリットがあります。

■敬老の日に行う場合のメリット・・・長寿を祝うのに最適な敬老の日に行うのもわかりやすくていいですね。

還暦のお祝いと言っても最近は見た目も若々しく現役で働いている方も多く、老人扱いされることを嫌う方もいると思いますのでその点の配慮もしましょう。

還暦祝いに母にプレゼント人気なのはコレ

■60本の赤いバラの花束

いくつになってもお花のプレゼントは嬉しいものですね。60本もの真っ赤なバラの花束は素敵♪オプションでカスミソウを入れるのもおすすめです。

■ブリザードフラワー

バラを贅沢に使った高級プリザーブドフラワー。ピンク、ブルー、パープル、イエローから選べオプションでケース入りにもできますよ。高さ35cmと、インパクトのあるサイズも見栄えもありいいですね。

■還暦祝いに贈る60年前の新聞付き名入れ酒!純米大吟醸酒【華一輪】720ml

職人が染め上げた深紅に透き通る四合瓶と、職人が精魂込めて造り上げた本物の手すき和紙に自分好みのラベルをつけて。サプライズには生まれた日の新聞を!新聞閲覧用の専用カード式ルーペがついてくるのもいいですね。

■ 『幸せ寿額・新サイズ』 名前の詩

感謝の気持ちや労いの心を表現した素敵な詩を名前入りで作成。ホンワカするちぎり絵と友禅和紙のデザインが素敵。

■【お名前刺繍入り】フリース素材のひざ掛け

冷え対策におすすめな暖かフリース。赤いフリース素材のひざかけに名前の刺しゅう入りのプレゼントもおすすめです。

CHECK>>>還暦祝いに母へ 人気のプレゼントはこちらから

さいごに・・・

還暦のお祝いは、人生の節目のお祝いでもあります。これからもお母さんには元気で若々しくいてもらいたいですね(^^♪

タイトルとURLをコピーしました