石油ストーブと石油ファンヒーター灯油消費量の違いは?おしゃれで安いおすすめ

家電

寒くなってくると、そろそろ暖房器具を準備しようか・・・となりますが、新たに購入しようと思ったとき、何を悩みますか?

今回は、石油ストーブと石油ファンヒーターで悩むとしたら、灯油の消費量は違うのか?おしゃれで安いものはあるのか?ということで紹介します。

石油ストーブと石油ファンヒーター 灯油消費量の違いはある?

石油ストーブと石油ファンヒーター、選ぶときに気になる灯油の消費量の違いについてです。

実はこれ、同じ暖房能力であれば灯油の消費量は同じということになります。

なぜなら、灯油を燃やして発生する熱量は決まっているからなんですね。

大きな違いは、石油ストーブは火力調整がほとんどできません。部屋が温まったら消し、寒くなったらまたつける。

石油ファンヒーターは運転は自動で最小燃焼で4分の1程度の燃費です。

結果、燃費に差が出ます。

石油ストーブは、鉄芯(炎が見える)ことによって、視覚的にも温かみを感じ、また遠赤外線効果がプラスされることでも暖かさを感じます。
石油ファンヒーターは低燃費で合理的、安全ですが温かみにかける部分があります。

石油ストーブ おしゃれで安いのは?

石油ストーブのデメリットは、部屋が温まるまで時間がかかるということはありますが、遠赤外線効果プラスで部屋全体が温まる感じです。また、薬缶を乗せて加湿器としての利用や、停電時にも使えるというメリットがあります。

■トヨトミ対流型石油ストーブレインボー

 

おすすめポイント
小さいのに暖かい!ニオイセーブ消火で、ニオイの原因である未燃ガスを燃やし切り、ニオイの発生を抑えます。

■トヨトミ 対流形石油ストーブ “Classic” クラシック

 

おすすめポイント
どこか懐かしいアンティーク調のストーブ。洋室にも和室にも合う、落ち着いた佇まい。手作り感が伝わる唐草模様のガードは職人さんの手作業によるものです。

■トヨトミ対流型石油ストーブランタン調レインボーストーブ

 

おすすめポイント
燃焼中、特殊コーティングにより炎の輪が七色に輝きます。雰囲気のあるランタン調のデザインがおしゃれ。

■アラジン 石油ストーブ ブルーフレームヒーター

 

おすすめポイント
どこか懐かしいレトロデザイン。美しく燃える青い炎に癒されます。耐震自動消火装置もついているので安心です。

 

おしゃれな石油ストーブを探す 【楽天】

石油ファンヒーター おしゃれでおすすめは?

石油ファンヒーターは石油ストーブに比べ、電気代がかかるというデメリットはありますが、部屋を早く温めるのには適しています。そして自動運転による低燃費がメリットです。

 

■アラジン 石油ファンヒーター

おすすめポイント
「フルワイド温風」+「遠赤ふく射」の「二暖構え」でワンランク上の暖かさ。フルワイド温風で素早く部屋の中を暖めてから、遠赤ふく射暖房でじんわりと暖めます。パネル全面から遠赤外線を効率よく放出することにより、体感温度が高くなります。

■ダイニチ 石油ファンヒーターSタイプ

 

おすすめポイント
小さくてもパワフル。ピンク色が可愛いと女性に人気。

おしゃれな石油ファンヒーターを探す 【楽天】

さいごに

灯油の消費量が同じであれば、あとは好みの問題ですね。お部屋の構造によっても使い勝手が違うと思いますので、お部屋にあった暖房器具を選ぶと効率よくなりますよ!

タイトルとURLをコピーしました