次亜塩素酸の除菌効果持続時間は?空気を洗う除菌グッズおすすめ

日用品


乾燥する時期になると感染症が気になる?!

感染する前に、効果的な対処する方法はある?

最近耳にする「次亜塩素酸」には除菌効果があるといいますが、どれくらいあるのかはご存知ですか?

次亜塩素酸を使った除菌グッズのおすすめも紹介します(^^♪

次亜塩素酸の除菌効果の持続時間は?

一般家庭向けに販売されている「次亜塩素酸水」は、優れた殺菌能力をもつ除菌消臭材です。水道水で薄めて濃度を変化させることで、様々なことに利用できます。

薄めることで利用できる・・・赤ちゃん用品の除菌、ペットの消臭、野菜などの生鮮食品の洗浄、除菌消臭スプレーとして、加湿器に入れて室内の除菌、エアコンやごみ箱の消臭etc

濃度を濃くして利用する・・・まな板やスポンジなどキッチンの除菌、お風呂のカビ取り、トイレの消臭、ノロウイルスなどの感染症に感染した際の対策etc

幅広く利用できる次亜塩素酸水ですが、効果はどれくらいかというと・・・

厚生労働省をはじめ、様々な研究機関の検証では、食中毒の原因となるo-157などの大腸菌や、黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、ノロウイスる、インフルエンザなども数十秒~数分で死滅させることができるという効果が確認されています。

次亜塩素酸水は酸素に触れると水に戻り、紫外線にも弱いので保管方法は暗所で密閉空間を保ちます。希釈した水は保管方法にもよりますが、1ヶ月以上は持ちますよ。

そんなに強力なのに、普通に使っていても大丈夫?

その安全性についても、効果と併せて厚生労働省をはじめ、様々な研究機関で検証されています。次亜塩素酸水は除菌や消臭を行うとただの水に戻るため、安全性が高く、子どもやペットがいるご家庭でも安心して使えます。

次亜塩素酸水は、厚生労働省によって食品添加物として認可されていますが、「成分が守られていること」「定められた濃度で定められた時間内に、定められた目的で利用され、定められた方法で洗浄されること」が前提の認可ですので、成分そのものに害がないとか、食べても安全とかではないです!

ご家庭で使う際には「微酸性次亜塩素酸水」を使うことが一般的です。

次亜塩素酸水は、「次亜塩素酸ナトリウム」と「塩酸」を混合して作る方法と、「食塩(塩酸)」と「水」を電気分解して作る方法があり、食品添加物として認められるのは後者で作られた次亜塩素酸水に限られています。

購入する際には、成分にも注目してくださいね!選ぶ際には「主成分」「製造方法」「濃度(ppm)」も確認しましょう。

次亜塩素酸を使った除菌グッズのおすすめ

■50mL携帯用「AQ200」2本セット

携帯できるスプレータイプは、バッグの中に入れて持ち歩くことができるので便利です。

 

 

■サライウォーター2L

サライウォーターは4倍に希釈して使うので10L分になり、かなりお得ですね!2個セットは携帯用空スプレーボトルもついてくるそうですよ。

■スリーフ sourif

スリーフは、リビングやキッチンにそのまま出しておいても違和感なていいとおしゃれなボトルが人気です。

 

 

■パナソニック PANASONIC ziaino(ジアイーノ)

「空気を洗う」のCMでおなじみのジアイーノ。水道水と塩を電気分解することで「次亜塩素酸」を生成。高い除菌効果を発揮しつつ、安全性にも配慮した濃度でつくることができます。さらに次亜塩素酸が揮発することにより、付着した菌・ウイルスにも効果を発揮します。

 

 

さいごに・・・

ノロウイルスは、インフルエンザウイルスよりも感染力は強く、その感染力は1000倍ともいわれています。数十個のウイルスが入っただけでも感染する、超強力な感染症です。

我が家は、子どもがノロウイルス(もしかしらたロタウイルス)に感染し、あっという間に一家全滅でした。

その時から、次亜塩素酸水を使い始めたのは言うまでもありません・・・

トイレを使ったらスプレーし、子どものおむつ返したら空間にスプレーし、加湿器に入れて部屋に噴霧。

ちなみに、次亜塩素酸水を加湿器に入れて使う際には、

決められた希釈で超音波式の加湿器を使用します。

タイトルとURLをコピーしました