箱根駅伝でファイテンのパワーテープが注目される理由は?選手が使っているアイテムはコレ

スポーツ・アウトドア・旅行

箱根駅伝2019。今年は第95回となる箱根駅伝の今日は復路。
毎回ドラマがある箱根駅伝!今年も見どころ多いですね~
スタートで転倒があったり、タスキの受け渡しが上手くいかなかったり・・・。

そんな箱根駅伝ですが、選手が貼っている丸いテープも話題です。

ファイテンのパワーテープが箱根駅伝で注目される理由

選手が首や腕、足などに貼っている丸いシールみたいなのは、ファイテンのパワーテープです。

なんのために貼っているかというと、運動能力をアップさせるために貼っているんですね。

パワーテープを貼ることで緊張した筋肉にリラックス効果が生まれ、筋肉が柔らかくなります。

パワーテープには貼りつける面に炭化チタンがコーティングされているので、貼りつけた箇所の生体電気が正常に流れるようになるのだそうですよ。

長距離を走る駅伝選手にとって筋肉の緊張は疲労を倍増させます。そこでファイテンの丸いテープを貼ることによって筋肉の緊張が緩和させることで運動能力をアップさせようというのです。

駅伝選手のみならず、陸上スポーツをする人にとってはファイテンのパワーテープは欠かせないアイテムですね(^^♪

箱根駅伝で選手が使っているファイテンアイテムはコレ

箱根駅伝で選手が使っているファイテンのアイテムは、パワーテープ以外にもありますよ!

ブランドイメージの高級感はそのままで、アクアチタンが比較にならないほど効果があると言われているメタックス技術がネックレスに採用されたことが大きなポイントのメタックスラウンド。

X100シリーズのネックレスはアイススケートの羽生結弦選手やメジャーリーグのダルビッシュ投手、ダウンタウンの浜ちゃんも愛用していますね。アスリートのみならず人気なネックレスです。

メタックスを採用した色鮮やかなハイパワーブレスレット。1つ1つ表情の異なるマーブル模様が施され、まるで天然石のような高級感を演出。
肌にやさしく水に強いアクリルを使用しているので、デイリー使いはもちろんスポーツにもおすすめです。

アクアチタンX30負担の大きい手足に適度なコンプレッション(着圧)を与え、筋肉の負担をケアしながらパフォーマンスアップをサポート。

さいごに

ファイテンの全ての商品は「ストレスの軽減」をテーマに作られているので、スポーツをしている、していないにかかわらず、日常生活でストレスを感じているならストレス対策に使うというのもおすすめです。

身体を動かす仕事なんかにもいいですよ(^^♪

タイトルとURLをコピーしました